今後3年で売上25%増を見込むLIXILビバ 成長ドライバーは“ブルーオーシャン”モール!

2019/05/10 05:00
高浦佑介(『ダイヤモンド・ホームセンター』誌副編集長)

ホームセンター大手のLIXILビバ(埼玉県/渡邉修社長)は5月7日、2019年3月期の決算を発表した。売上高は1809億円(対前期比1.7%増)、営業利益は108億円(同30.9%)の増収増益となった。新規株式公開(IPO)から2年、LIXILビバはどう変わったのか。新たに発表した中期経営計画から読み解く。

スーパービバホーム東久留米店
今年3月に出店したスーパービバホーム東久留米店

新・3カ年中期経営計画を発表
3年で売上高25%アップを目標に

3年で成果を出します」

 LIXILビバのIPOの際、何年で結果を出すのかと質問された際、渡邉社長はこのように答えたという。

 実際、同社はIPOから2年がたち、3年目を迎えている。LIXILビバの20193月期の業績を見ると、14期連続増収増益で営業利益も過去最高益を更新。この数字を見ると順調に推移しているように見えるが、渡邉社長は危機感を募らせる。

 「これまでホームセンター業界は市場規模がほぼ横ばいというトレンドが続いてきました。今後も成長が難しく、競争激化が予想される市場です。そのため、もっと大きな事業基盤をつくる必要があります」(渡邉社長)。

 そのため、今後は成長速度を一気に加速させる。

「この2年間は今後どのように成長させていくかを検討する準備期間でした。今期から始まる3カ年中期経営計画では、大きな成長をテーマに積極的に投資していきたいと考えています」と渡邉社長は力を込めた。

 具体的な数値目標としては、過去3カ年の売上高の年平均成長率は1.6%だったのに対し、今期以降3カ年で同8%を掲げる。営業利益については、今期(203月期)は先行投資のため減益計画だが、来期、来々期でそれぞれ5%引き上げる計画だ。

 3カ年で売上高を25.9%アップさせるという意欲的な計画に見えるが、渡邉社長は「新店の寄与が大きく、3カ年分の出店計画はほぼ確定しているため、下振れするリスクは少ない」と計画達成に自信を見せた。

ビバ数値目標
LIXILビバは新・中期経営計画を発表。3カ年で売上高を25%アップさせる

次のページは
積極出店の核となる“ブルーオーシャンなモール”

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media