第1回「今の学生は仕事を放棄し、無断欠勤し、母親に泣きつく」

2019/05/15 05:00
神南文弥(じんなん ぶんや)

5回連続で、部下を次々と潰す上司を具体的な事例をもとに紹介したい。いずれも、私が信用金庫に勤務していた頃や退職後に籍を置く税理士事務所で、クライアントである小売業や外食、サービス企業で見聞きしたものである。取引先の会社であるので、特定できないように一部を加工した。事例の後に、そこから導くことができる教訓を取り上げた。私はかねがね、上司がいじめやパワハラをした自覚がないままに、部下を失意の退職や精神疾患などに追い詰めることが多いと考えている。本人は、「指導」や「育成」をしていると信じ込んでいる疑いがあるから、事態は深刻になる。読者の皆さんは、この事例から何を感じるだろうか。

第1回の舞台:中小外食チェーン

首都圏を中心に展開する外食チェーン(中華)。創業25年で、現在、店舗数は約20。正社員は30人程で、アルバイトやパート社員などが約70人。非上場で、労働組合はない。

我が息子への“脅迫”で怒った母親が、
弁護士を通じて送りつけてきた内容証明郵便

 「こちらは冷静ですよ。向こうの母親が興奮していて…。俺は注意をしただけ。なぜ、あんなに怒るわけ…?」

 2016年夏、創業者であり、オーナーの社長(46歳)が2年前のトラブルを自慢気に私に語った。14年の春から夏にかけて、私立大学の学生がアルバイトとして働いていた。主に厨房で調理補助をするが、23時間ごとに約5分間控え室で休憩をしたようだ。店長やフロアマネジャーの了解をとったうえだったが、社長は気にいらなかったらしい。ある日、学生を叱りつけた。

 「口頭で諭しただけ。“また、休憩をしているのか”と聞いたら、おもしろくなかったみたい。その後、数日間、無断欠勤。俺が学生の住むマンションへ出向き、頭を下げて部屋に入れてもらい、話し合いをした。ところが、その場で辞めると言い始めた。だから、“残念だね”と労をねぎらい、離れた。なんで、母親があんなに怒るの?」

 社長と学生の話し合いから10日ほどの後、母親が店に現れ、社長に抗議をした。「うちの息子に脅迫に近い物言いをして謝罪をさせたことに納得がいかない」という。学生は、社長との話し合いをスマホのアプリを使い、録音していたようだ。母親はその音声データを通じて、息子が社長に対し、「すみません」を連発し、怯えてお詫びをしている様子を聞いた。

 社長は「学生は仕事を放棄し、無断欠勤した揚げ句、無断で録音し、証拠と言わんばかりに母親に聞かせて、泣きついた」と小ばかにした表情で語る。

 後日、母親は弁護士を通じて内容証明郵便を送りつけてきた。そこには、「社長から殴られた」「怒鳴られた」「脅された」「ラインを通じて、何度も脅迫する」「身の危険を感じる」などと書かれてあったという。

 社長は締めくくった。「労働者(学生)の側に立つ弁護士は、偏った考えの持ち主が多い。あんな学生の言い分を真に受けている。母親にも問題がある!今の4050代の親の教育はまるでなっていない。日本は、大丈夫なのかね…」

次のページは
今回の問題点と解決策!

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media