セブンイレブン、古屋社長が退任し後任に永松副社長 午後会見

2019/04/04 17:56
ロイター

セブンイレブン、古屋社長
4月4日、セブン&アイ・ホールディングスは、傘下のセブンーイレブン・ジャパン(東京都千代田区)の古屋一樹社長(写真)が退任し、後任に永松文彦副社長が就くと明らかにした。写真は都内で2017年12月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 4日 ロイター] – セブン&アイ・ホールディングスは4日、傘下のセブンーイレブン・ジャパン(東京都千代田区)の古屋一樹社長が退任し、後任に永松文彦副社長が就くと明らかにした。

セブン&アイ・ホールディングスは、午後3時15分から社長交代について会見する。同社の井阪隆一社長とセブンーイレブン・ジャパンの永松副社長が出席する。

(志田義寧)

© 2019 by Diamond Retail Media