ビオセボン・ジャポン代表取締役社長 岡田 尚也 
出店数は昨年度並みをベースに店舗フォーマットは柔軟に検討

2019/04/15 00:00
ダイヤモンド・チェーンストア編集部

2019年3月、岡田尚也氏がオーガニック専門スーパーのビオセボン・ジャポン(東京都)の代表取締役社長に就任した。岡田尚也氏は、イオン(千葉県)の岡田元也社長兼CEOの長男。注目を集める若手経営者の1人だ。35歳の岡田社長は、設立して丸3年を迎えようとしているビオセボン・ジャポンをどのように舵取りしていこうとしているのか──。

重要なのは「価値を伝える」こと

──社長就任の所信からお願いします。

ビオセボン・ジャポン代表取締役社長 岡田 尚也
おかだ・なおや●1983年8月18日生まれ。2015年1月イオンリテール入社。同年3月にまいばすけっとに出向。同年11月、イオンオーガニック事業プロジェクトチーム。16年11月にビオセボン・ジャポン営業部長(現任)。19年3月に代表取締役社長に就任。

岡田 ビオセボン・ジャポンには立ち上げのときから関わっており、1号店では店長も兼任しました。そういう経緯もあるので、今回社長に就任したことで、これまでと大きく変わるということはありません。各メンバーとともに取り組んできたことを継続的にやっていくだけです。

 それに、私自身も店頭に立ってきました。お客さまのニーズを把握するには、会話することがなによりも重要です。お客さまがどのような商品を求めているのか。どういうものがあったら便利なのか。どういう店舗であれば日常的に使っていただけるのか。そういったことがわかるのはすべてお店の中ですので、店頭での会話を含めて、今までと変わらずやっていく考えです。

──これまでさまざまな商圏で店舗を展開してきました。どのような手応えを感じていますか。

岡田 この事業を立ち上げた当初から、簡単な事業ではないということはフランスのビオセボン社も含めて認識していました。店をオープンして10店舗目、当初と比べて何か大きな違いがあったとは思っていません。

 ただ、お客さまの求めるところについては、少しずつ見えてきたという手応えもあります。それは日常的に買えるものです。もちろん価格という側面もありますが、一番重要なのは価値が伝わることです。価値が伝われば、お客さまに「購入してみたい」と思っていただけます。これが基本的な考え方です。

 もう1つ大事なのは、高い頻度で消費するものを、どれだけオーガニックで品揃えできるかということ。ここをとにかく突き詰めていきます。

“フェーズ0″から“フェーズ1″へ

小田急藤沢店
2019年3月にオープンした「小田急藤沢店」。売場面積約44坪で、「東武池袋店」に続く、百貨店内への出店となった

──今、会社はどのようなステージにあるとお考えでしょうか。

岡田 1号店の「麻布十番店」(東京都港区)の開店が2016年12月。年度ベースでいうと、3年目に突入しました。いろいろな試みをしていくなかで、どのような商品・サービスが便利なのか、支持をいただけるのかと模索してきたステージでした。そういう意味で、これまでのビオセボン・ジャポンは“フェーズ0″だったと言えます。

 そこから19年度は、“フェーズ1″として非常に重要な段階になると考えています。店舗展開が進み、19年3月20日の「小田急藤沢店」(神奈川県藤沢市)のオープンで10店舗目、店舗数が2ケタになりました。これくらいの規模になると、生産者さまやサプライヤーさまともいろいろな取り組みができるようになります。たとえば、今までになかったアングルからの商品開発ができるようになりますし、輸入商品の幅も広がります。

 そういった今までは実現が難しかったことをかたちに変え、お客さまにとってよりよい店になるための大事なステージにあると思っています。

──その“フェーズ1”における出店戦略の位置づけについて教えてください。

岡田 基本的に、出店はお客さまあってのことです。お客さまにとって便利な店であるために重要なのは立地、そして店舗のサイズです。

 フランスのビオセボンは、売場面積80~100坪超の路面店を基本フォーマットとしています。一方で、日本では「麻布十番店」(売場面積約130坪)を旗艦店とし、これまで60~80坪の店舗を展開してきました。18年11月には、30坪ほどの「東武池袋店」(東京都豊島区)を東武百貨店内に出店しました。また、「小田急藤沢店」も商業施設内への出店です。これはフランスのビオセボンでは行っていない取り組みです。

 重要なのは、どのような場所にビオセボンがあると使いやすいのか、商品を手に取りやすいのかということです。そういう観点から考えると、出店戦略は今までとは大きく変わりませんが、立地やフォーマットは柔軟に検討していく必要があると思っています。

1 2

関連キーワード:

© 2019 by Diamond Retail Media