既存店の800m先に四条大宮店を出した、ライフの周到な出店戦略とは

取材・文:サテライトスコープ:森本守人
Pocket

ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長:以下、ライフ)は、京都市中心部への攻勢を強めている。昨秋、ビジネス街の烏丸エリアに進出したのに続き、今年9月、そこから西へ約800mの至近に新店を投じた。競争が激化するなか、ライフはいかなる戦略で京都市場を深耕するのか。同社の取り組みをレポートする。

「大阪に比べて京都はまだ出店余地がある」

 ライフは9月28日、京都市中京区に「ライフ四条大宮店」をオープンした。市内中心地のメーンストリートの1つである四条通に面し、店の前は昼夜を問わず多くのクルマ、人が往来する環境にある。

ライフ四条大宮店
9月28日にオープンした「ライフ四条大宮店」。昨年9月に投じた四条烏丸店との間隔は約800mしか空いていない

 同社が京都市中心部に新店を投じるのは、昨年9月15日に「四条烏丸店」をオープンして以来、約1年振りのことだ。実は今回の出店について、社内ではその可否をめぐってさまざまな議論が交わされたという。理由は、四条烏丸店から直線距離で西へ約800mという超至近に立地するためだ。

 近年、ライフは店舗運営の方針として半径1km圏内におけるシェア拡大を掲げている。しかし2店の間隔が約800mしかないため、当然、商圏は重複する。経営層からは、その点を指摘する意見が出たのは当然だろう。

 最終的にゴーサインが出たのは、2店の間に主要道の堀川通が南北に走り、商圏を分断する要素になると判断したためだ。両店の周辺には厚い市場が広がっており、それぞれ十分に採算が取れると算盤をはじいた。

 さて近畿圏におけるライフの店舗政策に触れておくと、現在、重点エリアとするのは、人口が集中する①大阪市、②大阪市から神戸市にかけての阪神、③京都市で、この3エリアを中心に出店し、各地でドミナントを強化することを方針としている。

 このうち京都市は食品スーパー(SM)の出店に適した、まとまった土地が出にくい土地柄だといわれる。それでも近年は、確実に競争が激しさを増している。最近では昨年11月に、JR各線「京都」駅前にロピア(神奈川県)の「京都ヨドバシ店」がオープンしており広域から集客している。

ライフ近畿圏開発本部の雨森智志副本部長
近畿圏開発本部の雨森智志副本部長

 そんななかライフの2店の出店も、業界の中では競争を激化させる大きな動きの1つだ。同社近畿圏開発本部の雨森智志副本部長は、「大阪から比べると、京都は総じてSMの

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media