パン職人日本代表が運営する超人気店に学ぶ、お客の心を掴むパンづくり

2022/11/15 05:55
    中原 海渡(ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
    Pocket

    ドイツ・ミュンヘンにて来年開催されるパンの世界大会「ibaカップ」の日本代表に選ばれたパン職人が、茨城県水戸市内に革新的なベーカリー店をオープンした。マーケットインではなくプロダクトアウトの発想で、消費者が食べたことのないパンを追求する攻めの姿勢が人気につながっている。

     今までにない価値を提供するパン屋

    ベーカリー店
    La Maison du Pain KURIHARA(ラ・メゾン・デュ・パン・クリハラ)

      ibaカップ日本代表の栗原淳平氏が今年6月にオープンした「La Maison du Pain KURIHARA(ラ・メゾン・デュ・パン・クリハラ)」(以下、パン・クリハラ)は、カフェスペース約20席を併設したベーカリー店だ。栗原氏が出店したベーカリー店としては3号店となる。

      1号店は、2011年にひたちなか市内にオープンした「パン工房ぐるぐる」。同店で販売する「奥久慈卵のとろ~りクリームパン」が2016年にテレビで紹介されると、1日3400個も売れる人気商品となり、またたく間に人気ベーカリー店となった。

    クリームパン
    「奥久慈卵のとろ~りクリームパン」220円(本体価格)

     パン・クリハラは、パン工房ぐるぐるとは異なる価値を提供したい思いで、あえてブランドを分けたのだと栗原氏は説明する。

     「パン工房ぐるぐるは、老若男女に愛されるパン屋をめざして“お客さまが想像する味のワンランク上のパン”を提供するお店。一方、パン・クリハラでは、お客さまの想像を超えるようなパン、たとえば栄養価が高いパンや減塩のパンなど、普通のベーカリー店ではできないパンの提供をめざしています」(栗原氏)

     栗原氏は続ける。「パン工房ぐるぐるの商品開発の考え方が『マーケットイン』であるのに対し、パン・クリハラは『プロダクトアウト』。今までにない価値を持った商品を提供して、その価値がお客さまに浸透していけば、510年後には業界の先頭を走る店になっているかもしれません。そうしたブランディングを実現するために、パン・クリハラを開業しました」

     

    1 2 3 4

    人気記事ランキング

    © 2022 by Diamond Retail Media