さらばバーコードスキャン!画像認識AI 高速化するレジ精算の進化とは

鈴木 敏仁 (R2Link代表)
Pocket

 カナダのコンビニ大手アリメンテシオン・クシュタール(Alimentation Couche-Tard)が、バーコードスキャニングを不要とするスマートセルフレジの導入を発表した。今後3年間に傘下の米サークルK(Circle K)とカナダのクシュタールの計7000店舗強に1万台を順次設置していく。レジの開発企業はマシュジン(Mashgin)で、2020年からサークルKの500店舗で実験し効果を認めたので水平展開を決めたとしている。

クシュタールが導入したスマートセルフレジ
クシュタールが導入したスマートセルフレジ(マシュジン社提供)

 このスマートレジは商品の形状を画像AIで認識するので、レジの上に商品を置くだけでプライス・ルックアップし価格やアイテム情報が呼び出されて精算に進むことができる。レジなし店舗でよくあるアプリやQRコードによるログインは不要で、複数のアイテムを同時に認識する。バーコードを探してスキャンする一手間も省けるので、お客にとっては非常に利便性が高い。

 またレジをカウンターの上に置くだけで設置が終わるので店舗側にも負担が少ないとしている。フランチャイズチェーンはフランチャイジー側が投資を負担するので導入コストが高いと普及が進まないのだ。

インスタカートが買収したスマートカート企業

 スマートセルフレジを開発しているもう1つの企業がケイパー(Caper)だ。米メジャーリーグ「ボストン・レッドソックス」の本拠地フェンウェイパーク内に出店しているコンビニが採用を決めている。決済時間を65%削減でき、レジ待ちの人数が減るので売上向上を見込めることをうたっている。

 ケイパーは

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

記事執筆者

鈴木 敏仁 / R2Link 代表

在米30年以上、現在はロサンゼルス在住。1997年にアメリカでS.M.R., Inc設立、米国流通業界を軸としたコンテンツ作成ビジネスを開始。また企業が実施する米国流通研修の企画およびコーディネートも合わせてスタート。1998年にリテールウェブを開設。年間訪問店数はのべ600店舗超、現場検証に基づいた分析をモットーとする。

著書

『ソリューションを売れ!』(ニューフォーマット研究所)
『誰も書かなかったウォルマートの流通革命』(商業界)

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態