オンライン飲み会で活躍「nonpi foodbox™」アフターコロナも業績伸長の理由とは

2022/09/13 05:54
久保佳那
Pocket

コロナ禍の20208月にローンチされた「nonpi foodbox(ノンピ フードボックス)」。全国配送が可能なフードデリバリーサービスで、オンライン飲み会の需要にフィットし、累計5000社、70万人以上に利用されてきた。外出自粛が落ち着いた今でも、業績は伸び続けているという。運営会社であるノンピ(東京都/柿沼寛之社長)の取締役副社長 上形秀一郎氏に、nonpi foodbox™誕生の経緯や現在の需要、今後の展望について聞いた。

幹事の手間を最小限にし、全国に冷蔵便で届けられる強み

神田明神下みやび 江戸の味プラン
一番人気の4,500円コースより「神田明神下みやび 江戸の味プラン」

 nonpi foodbox™を提供するノンピは、もともと法人向けのケータリングサービスを行っており、2018年頃から金融機関やスタートアップ企業などを中心に需要が伸びていった。その背景として、ハラスメント防止のためオフィシャルな飲み会を居酒屋などでは行わず、社内で実施する動きがあったからだ。しかし、新型コロナウイルス蔓延防止の外出自粛により、売上は95%減少した。

 nonpi foodbox™は、どのような経緯で生まれたのだろうか。

 「食事を共にするコミュニケーションは質が高く、コロナ禍においてもなくならない需要だと考えていた。そんな折、オンライン飲み会をする人が増加したことを受け、オンライン飲み会にフィットするフードデリバリーサービスとしてnonpi foodbox™は生まれた」と、取締役副社長の上形秀一郎氏は語る。

 nonpi foodbox™の強みは3点ある。1つは幹事の手間が少ないこと。幹事がサービスを申し込むと、参加者各自が入力可能なフォームが生成され、デリバリー先の住所を登録できる。費用は一括して幹事に請求するため、参加者が経費精算する必要がない。

 2つめはヤマト運輸のインフラを利用しているため、全国配送が可能であること。企業がオンライン飲み会を取り入れた当初は、テイクアウトデリバリーサービスを利用することもあったが、住まいのエリアによってフードデリバリーが対応していないこともあった。その点、nonpi foodbox™はオンライン飲み会の日時より前にヤマトの冷蔵便で自宅に届くので、そのまま冷蔵庫で冷やしておけばいい。

 3つめは、配送人数の上限が3万人と非常に多く、大規模イベントにも対応できることだ。nonpi foodbox™はお弁当やおせちの工場と契約し、自社で商品開発したメニューの製造を委託しているため、大量オーダーにも対応可能だ。

 「追随した競合もいるが、元々飲食店からスタートしている当社は、社内にシェフもいて商品開発に強みがある。デリバリーであっても、本当においしいものを届けることにこだわった。また、オンライン飲み会は終業後すぐに始まることが多いため、レンジで温める手間すらいらない、冷蔵庫から出してすぐ食べられるメニューを考えた」(上形氏)

 nonpi foodbox™は今ではGoogleMicrosoftなどをはじめとした大手企業との取引も多い。個人情報の取り扱いなどセキュリティに関する監査でも承認を得ているという。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media