ウエルシア、ドラッグストア1位のブランドパワーの理由を田中純一副社長と解き明かす

聞き手:阿部 幸治 (ダイヤモンド・チェーンストア編集長)
構成:リテイルライター:太田美和子
Pocket

本誌6月15日号特集「ブランドパワーランキング2022」においてドラッグストア(DgS)業態で2年連続で全国1位になったのが「ウエルシア」だ。その理由とどんな点が支持されたのかと今後の戦略について、ウエルシア薬局(東京都/松本忠久社長)の田中純一取締役副社長(東日本担当兼首都圏支社長)に話を聞いた。

首都圏でブランドパワー1位に

ウエルシア
ブランドパワーランキングDgS業態において全国1位の「ウエルシア」。1都3県対象の「首都圏」でも今回初めて1位となった

──「ウエルシア」は関東・中部・関西という人口が集積する地域でブランドパワーを示すストア・エクイティ・インデックス(SEI)のスコアが伸びており、関東と中部では1位です。さらに今回、1都3県を対象とする首都圏では「マツモトキヨシ」を抜いてトップに立ちました。支持された理由をどう分析しますか。*SEIの詳細やブランドパワーの算出方法、各業態のランキングについては本誌6月15日号を参照

ウエルシア薬局 取締役副社長 東日本担当兼首都圏支社長 田中純一氏
ウエルシア薬局 取締役副社長 東日本担当兼首都圏支社長 田中純一

田中 当社は「調剤併設」「カウンセリング」「深夜営業」「介護」を軸とする“ウエルシアモデル”の店舗を展開しています。21年に特別に何かを実施したからではなく、当社が継続して推進してきたビジネスモデルを評価いただいたのではないかと思います。

 とくに当社の首都圏支社の管内では調剤併設店の比率が約90%です。物理的に併設不可能な店舗を除けば、ほぼ全店に調剤薬局を設けました。並行して都市型店舗を増やしています。

 今後はさらに、地域ごとに異なるお客さまのニーズに応じた品揃えやサービスを充実させたいと思います。たとえば、都心の小型店舗はクリンリネスや歩きやすい通路幅の確保に努力をしていますが、売場が小さいがゆえに新商品を導入しづらい面もあります。そこで、こうした店舗が注目の新商品を発注できるようバイヤーが厳選した新商品のリストを提供するといったことに取り組んでいます。

──評価項目別では、「高品質商品を扱っている」「取扱商品の種類が豊富」「商品を見つけやすい」「商品陳列がうまい」「売場が快適」が高評点です。めざす店づくりと合致していますか。

田中 合致しています。高品質商品の取り扱いと品揃えの豊富さについては、価格の多寡に限らず、お客さまにとってよい商品を届けることを当社は意識しています。たとえ、それが高価格帯の商品でも、陳列コンクールなどを取り入れながら積極的に販売することに努めています。

 商品の見つけやすさや陳列については、当社は棚割りを全店で固定していない分、各店舗に売場づくりの基本的な考えを指導することに力を注いできました。その成果が少し出てきたのではないでしょうか。

来店動機増やすため食品は重要

──他方、所得別では高所得層(世帯所得500万円以上)でのSEIの伸びが顕著でした。

田中 先ほど言ったとおり、当社のよい商品をお届けしようという姿勢や取り組みが支持されたのだと思います。

 一方で、広い層にご支持いただくための当社の課題は、低価格商品の提供です。地域最安値で販売するつもりはありませんが、買い上げ点数の減少が課題となっているので、地域の値頃を意識した価格にしていきます。具体的には、各エリアで他業態を含めた価格調査を実施し価格対応できる仕組みをつくりました。

──ウエルシア薬局は業界に先駆けてPCR検査や抗原定性検査の実施を始めました。新規顧客獲得のきっかけになったのではないですか。

田中 当社は地域社会に貢献する目的で政府のPCR等検査無料化事業に応募することを21年12月23日に発表しました。通常の店舗運営をしながら検査に対応するのは大変なことですが、それを実行してくれた各店舗を誇りに思っています。多くの支持を得られたと思います。

──新型コロナ前と比べてDgSの役割は変化しましたか。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media