アパレル業界に特化し急成長、ベイクルーズが人材紹介事業を立ち上げた理由とは?

小内三奈
Pocket

アパレル事業の枠を超え、飲食・家具・インテリア、フィットネス事業などライフスタイル全般をサポートする幅広い事業を展開しているベイクルーズ(東京都/杉村茂CEO)。2017年から新たに人材紹介事業へとフィールドを拡大し、新会社としてWILL WORKSを立ち上げた。アパレル業界を直撃したコロナ禍でも増収増益を続けるWILL WORKSの強さの秘密はどこにあるのか。執行役員を務める櫛谷哲史氏に話を聞いた。

業界に精通したコンサルタントの力で「アパレル業界を元気に」

コンサルタントメンバー
コンサルタントメンバー

 ベイクルーズが手掛ける人材紹介会社として、アパレル業界を中心に転職希望者と企業とのマッチングサービスを展開するWILL WORKS。アパレル市場を主軸におき、販売やバイヤー、企画から、ECサイト運営、デジタルマーケティングなど幅広い職種への転職を支援することで、順調に売上を拡大している。前年比はそれぞれ2期(2018-2019256.7%3期(2019-2020181.5%4期(2020-2021104.5%5期(2021-2022)も、110.6%で着地予定だという。当初はわずか2名でのスタートだったが、現在は約25名のコンサルタントを抱えるまでに成長し、継続的に採用も続けているという。

 創業のきっかけは、「アパレル業界を元気にしたい」という執行役員 櫛谷哲史氏の強い想いだ。ベイクルーズの人事部にいた櫛谷氏は、以前から「これほどまでに『好き』を仕事にして輝いて働いている業界はない」と強く感じていたという。事実、ファッション業界で働く人はファッションが好きで、「好き」を仕事にしたくて入ってきているのだ。

 一方で、退職希望者に話を聞いてみると「ファッションに関わる仕事は好きだが、キャリアアップの道が描けない」「ファッション関連の仕事を続けていきたい想いはあるが、環境が厳しいから転職したい」という声が多数あった。

 WILL WORKSの役割は、このような業界特有の現状を踏まえ、アパレル業界で働く人がもっと元気に、生き生きと働けるよう全力でサポートすることだ。大手人材紹介会社のようなブランド力や集客力はないが、最大の強みはアパレル業界に精通したコンサルタントの知見、各ブランドに対する理解の深さなどエッジの効いた「質」の部分にある。

 実際、スタッフ全員がアパレル経験者である。それだけでなく、「個と組織の可能性をひろげる」というWILL WORKSの理念に共感した人材であることを重視している。スタッフの「質」で他社と大きく差別化を行い、求職者、人材を採用したい企業側双方から大きな信頼を得ている。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media