第45回 ECは本来SCが手がけるべきだった理由とSCの将来とは

西山貴仁(株式会社SC&パートナーズ 代表取締役)
Pocket

前回、ショッピングセンター(SC)運営におけるDXは緒に就いたばかりで、部分的なデジタル化をもってDXと表現しているに過ぎない状態にいると解説した。その一方、SCのDXは実は進んでいる。今回は、SCをDX化した時どのような姿になるのかを解説していく。

SC運営のデジタル化

 デジタル化は、第1段階のデジタイゼーション(Digitization)、第2段階のデジタライゼーション(Digitalization)、そして第3段階のデジタル・トランスフォーメーション(DX: Digital Transformation)と進むことを前回解説した。現在のSC運営におけるデジタル化は、クレジットカード認証がインプリンターからCATに換わったことに始まり、最近では売上日報のデジタル化、ポスターボードのデジタルサイネージ化、アプリによる販促、テナントからの諸届けのオンライン化など進んではいるが、これらは部分的な改善であってデジタイゼーションの域を出ていない。

 では、この「域」を出るためにはどうすれば良いのか。それはただ一つ、業務の流れ(ワークフロー)や業務の内容の変革しかない。しかし、SCの現場では未だ多くの現金を扱い、釣り銭両替機や入金機を設置し、現金輸送や人的作業に依存した売上日計表のチェックなど日々ルーティンをこなしている。営業サイドでも店舗巡回、テナントコミュニケーション、接客ロープレ、販促などアナログな業務が占める。アナログな業務が悪いわけでは無いが、効率化を考えれば①業務のデジタル化か、②デジタル化出来ない業務はそのものをやめるか、この2つしかないが、コロナ禍という外圧はこの選択を迫ることになろう。

続きを読むには…

この記事は DCSオンライン会員(無料)、DCSオンライン+会員限定です。
会員登録後読むことができます。


DCSオンライン会員、DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media