ライフ、大阪の「吹田泉町店」でネットスーパー開始、66店舗目

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ライフネットスーパーの配達の様子とライフ吹田泉町店のスタッフがネットスーパーの商品をピックアップする様子
店頭で販売している商品をウェブサイトやスマートフォンアプリなどで注文できる

 ライフコーポレーションは2月23日から、大阪府吹田市の「ライフ吹田泉町店」でネットスーパーのサービスを始めた。店頭で販売している商品をウェブサイトやスマートフォンアプリなどで注文できる。

 「ライフネットスーパー」の導入店舗は、吹田泉町店で66店舗(近畿37店舗、首都圏29店舗)となった。2021年3月には専用のスマホアプリ「ライフネットスーパーアプリ」の提供を開始、同4月にはネットスーパーの宅配業務を担う新会社ライフホームデリバリー(大阪市)を設立するなど、ネットスーパー事業を強化している。

 ネットスーパーでの最低注文金額は1500円、上限は5万円未満。注文金額5500円(税別)以上で220円(税込)、5500円未満の場合は440円の配送料金がかかる。

 また、アマゾンジャパンと提携し、「アマゾンプライム」会員を対象に行っている生鮮・総菜の宅配サービスについては、2月24日から大阪府の池田市、大阪狭山市、箕面市が新たに配送エリアに加わった。

 これにより、配送エリアは東京23区・13市、神奈川県8市、千葉県13市、埼玉県5市、大阪府23市、京都府3市、兵庫県6市となった。配送エリア内のアマゾンプライム会員には、注文から最短2時間で商品を届ける。

アマゾンプラプライムからの注文商品を選ぶライフのスタッフと配達員
アマゾンプライム会員は、アマゾンのインターネット通販サイト上のライフネットスーパーで、ライフの店舗で扱っている生鮮食品やプライベートブランドの日用品などを注文できる

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media