無料でもできる! SEOコンサルが教えるネットスーパーを活性化させるウェブ集客

2022/01/27 05:58
菊池 浩之 (プリンシプル マーケティングディビジョン ディレクター)
Pocket

ネットスーパー事業の展開を始めると必要になってくるのが、オンライン上での宣伝・集客だ。しかし、しかし、競合各社もオンラインマーケティングへの投資に注力するなか、何から着手すればいいのか。まずは無料で始められる、ネットスーパーのWebサイトに集客を図るための施策を伝授する。

各社オンライン上での
マーケティングに継続投資

 2020年のCOVID-19および緊急事態宣言の影響を受け、消費行動におけるオンラインの比重が増えてきたのは論を待たない。「オンラインで買物をする機会が増えてきた」と消費者としても実感しているのではないだろうか。

 プリンシプル(東京都/楠山健一郎社長)ではデータ分析を通じて企業のオンラインマーケティングを支援している。コロナ禍でのオンラインシフトによりあらゆる業種からの問い合わせが増え、宣言解除後にもその数や各社のオンラインマーケティングへの投資が減ることはなかった。各社、消費行動の変化を見越し、少なくとも投資を維持していくだろうと思われる。

 図表1はGoogleが開示している、特定キーワードの検索回数を分析できる「Googleトレンド」における「ネットスーパー」の検索状況の推移だ(期間:22年1月9日より過去5カ年)。検索数の変化はそのキーワードが探されている件数、すなわちニーズの変化と考えて欲しい。20年4月に発令された初回の緊急事態宣言前後に急速に増え、その後も21年秋の宣言解除後まで高く推移していることが見てとれる。

図1
図1 「Googleトレンド」における「ネットスーパー」の検索状況の推移

集客経路の3分の1が
検索エンジン経由

 このデータでお伝えしたいのが「消費ニーズを定量的に読み取れる」だけでなく「こうした情報が無料で得られる」ということである。

 消費行動のオンラインシフトにともない、ネットスーパーへ参入する企業も増えている。しかし、Webサイトを構築したまま放置していたり、オンラインマーケティングには多額の投資や高額なコンサルティングが必要でないかと二の足を踏んだりしているケースも耳にする。

 そうしたなか、主にGoogleが提供するプラットフォームにより一定のことが無料できることを本稿で知っていただき、オンラインでの集客策を始めるきっかけになれば幸いである。

 現在Webサイトの集客経路の3分の1~半数が「Google」などの検索エンジン経由だ(弊社調べ)。そうしたなか、オンライン集客にあたって重要となるのが、ユーザーが検索エンジンで情報をサーチした際に、結果の上位に表示されるようにすることだ。

 このように検索語句に対して、検索エンジン上で表示される順位を上げていく施策を、SEO(Search Engine Optimization)と呼ぶ。
 検索エンジンは大まかにいうと特性として、「検索者が欲しいと考える情報が掲載されたページ」を上位表示するように設計されている。つまりWebサイトを運用する事業者は、消費者が欲しがっていると考えられる情報をサイト上に載せていけば、上位表示につながるのだ。そのためにはまず、そもそも「現在どのような消費者のニーズがあるのか」を掴むことが必要になる。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media