キーワードは結集・集中・集約 全体最適化をめざすCGCグループの2022年度の戦略とは

松尾 友幸 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

世界的な原価高騰が深刻化するなか、食品業界では製・配・販での協業の重要性がますます高まっている。全国の中小食品スーパー(SM)で構成される共同仕入れ機構のシジシージャパン(東京都/堀内要助社長:CGC)も、2022年度の方針の1つとしてグループの規模を活用した全体最適の推進を掲げている。本稿では、22120日に開催された「CGCグループ・アソシエイツ会 新春合同総会」で発表された同グループの22年度の戦略をまとめた。

グループ内会議の充実を図る

 CGCグループは22年度の活動計画として「変える、変わる CHANGE! 2022 『結集』『集中』『集約』」を発表した。パンデミックや自然災害、人口減少などさまざまな問題が起こるなかでも、加盟企業が「地域愛着スーパーマーケット」として存在し続けるため、CGCグループの協業活動を「結集」「集中」「集約」の3段階で進化させていく考えだ。

CGCグループは22年度の活動計画として「変える、変わる CHANGE! 2022 『結集』『集中』『集約』」を発表した
CGCグループは22年度の活動計画として「変える、変わる CHANGE! 2022 『結集』『集中』『集約』」を発表した

 「結集」ではグループ規模の堅持と会議の参加度向上に努める。従来の会議に加え、新規に開催する「全国販売部長会」、管理栄養士、プロセスセンター、総菜工場、スマホ決済などの共通課題の解決をめざす勉強会、機能集約のための共配会議、加盟企業帯同の海外出張の早期再開などに取り組んでいく。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media