職人の味を損なうことなく店舗拡大を加速 「のれん分けの進化系」で躍進するラーメンチェーンの強さとは

油浅 健一
Pocket

ラーメンチェーン「横浜家系ラーメン 町田商店」等を展開するギフト(東京都/田川翔社長)の21年10月期決算がさきごろ発表された。売上高は134億7400万円(前年同期比22.7%増)、営業利益が9億3600万円(同2.9%増)だった。22年10月期業績予想は、売上高170億円(同26.2%増)、営業利益17億円(同81.6%増)を見込む。

苦闘するラーメン店もある中で
躍動する3つの理由

 21年10月期、そして22年10月期の見込み数字をみても、同社はコロナ禍で飲食チェーンの明暗が分かれる中、「明」で難局を乗り切った勝ち組だ。不況に強いといわれるラーメン店でさえ、過去最大の倒産件数という調査結果もあるほどの状況だが、なぜ同社がこれほど躍動し続けられるのか。その理由として考えられるのは大きくは次の3つだ。

 ひとつは職人としてのこだわりを死守していること。ふたつ目は、スープと麺を工場で生産していること。最後はビジネス視点の拡大をしないことだ。

 いずれも取り立て珍しいことではないかもしれない。だが、それぞれが同社のアイデンティティそのもので有機的にリンクし合うことで、無理のない持続可能な拡大につながっている。要はいわゆるフランチャイズとは一線を画し、あくまでもおいしさの追求と商売への情熱をベースに、その想いのアウトプットとして店舗を増やすという循環になっているのだ。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media