第27回 ショッピングセンターの核としてのSMの役割

桜井多恵子
Pocket

スーパーマーケット再創造

米国ではロードサイド型のSMはほとんどない

 令和の新しい暮らしを賄う買物のスタイルは、ショートタイムショッピングであることは前回の連載第26回で述べた。それを、より便利に楽しくするためにショッピングセンター(SC)がある。SCは複数のフォーマットの店舗を計画的に1カ所に集積することで、商業集団としての買物とサービスの利便性を提供するものである。

 SCは、多くの人が居住する住宅地近くに出店するため、利用者が立ち寄りやすいサバブにあることが多い。入居するテナントには小売業のみならず、フードサービス業や、その他のサービスフォーマット、時には医療機関さえも含まれる。

 しかしテナントの種類は集客力があれば何でもよいわけではなく、利用者の立場から見て集積効果が最大限に生かせることを条件に選定される。

ショッピングセンターイメージ
SCは、多くの人が居住する住宅地近くに出店するため、利用者が立ち寄りやすいサバブにあることが多い。入居するテナントには小売業のみならず、フードサービス業や、その他のサービスフォーマット、時には医療機関さえも含まれる。

 SCのタイプは大まかな分類で3種類ある。その分類の定義は、「施設の規模」と「必要商圏人口」を基準とする。この2つの条件は密接に関連するため、規模が大きければ必要商圏人口も大きくなるのだ。

 スーパーマーケット(SM)は3つのタイプのSCのうち

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media