サントリーHD、植物原料100%のペットボトル開発、米ベンチャー企業と

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

左が植物由来原料を30%使用した「サントリー天然水」、右が今回完成した植物由来原料100%使用のペットボトル
左が植物由来原料を30%使用した「サントリー天然水」、右が今回完成した植物由来原料100%使用のペットボトル

 サントリーホールディングス(HD)は12月3日、植物由来原料を100%使用したペットボトルの開発に成功したと発表した。米バイオ化学ベンチャー企業、アネロテック(ニューヨーク州)と共同開発を進めてきたが、このほど試作品が完成した。

 サントリーグループでは、ペットボトル原料の30%を構成する「モノエチレングリコール」を植物由来原料で生成したペットボトルを2013年から「サントリー天然水」で使用している。残り70%を構成する「パラキシレン」を植物由来素材から生成すべく、12年からアネロテックと共同開発を始めていた。

 パラキシレンを植物由来素材から生成するには従来、素材を複数段階にわたって変換する必要があったが、熱分解と触媒反応によりワンステップで生成できる技術を開発した。使用する素材は、食べられないウッドチップのみを使用、食料用原料の需給に影響が出ないよう配慮した。

 今回開発した技術は、使用済みプラスチックの再資源化を目的にサントリーグループやアサヒグループHD、セブン&アイHD、三井化学、森永乳業などが資本参加するアールプラスジャパン(東京都港区)のリサイクル技術の元になっている。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media