ダイヤモンド・チェーンストア12月1日号「『盤石の強さ』に迫る! ヨークベニマル徹底研究」

2020/12/01 00:00

ダイヤモンド・チェーンストア12月1日号の特集は、
「『盤石の強さ』に迫る! ヨークベニマル徹底研究」をお届けします。

福島県を地盤に、宮城、山形、栃木、茨城の5県に食品スーパーを展開するヨークベニマル(福島県/真船幸夫社長)。人口減少が急速に進む東北地方を主戦場としながら安定成長を続ける同社は、“東北の雄”として全国に名を知られています。
そんな名門スーパーのヨークベニマルは小売チェーンの基本に忠実な“お手本的”なチェーンであり、その強さを一言で説明するのは難しい面もあります。そこで、さまざまな角度からの調査を通じて、ヨークベニマルの強さの正体に迫っていくというのが本特集の趣旨。
まず「注目店レポート」では、ヨークベニマルの“実験拠点”となっている「横塚店」(福島県郡山市)、初の小型フォーマットとして約2年前に誕生した「ヨークマルシェ大和町店」(宮城県仙台市)、そして11月中旬に開業した最新店舗「郡山島店」(福島県郡山市)の3店舗を徹底調査しました。
さらに、ヨークベニマルが近年出店を強化する茨城県中~南部の18店舗すべてを調査、同社が進める“南下政策”の最前線も追いました。このほか、ショッパー調査や総菜の専門家、ヨークベニマルのOBへも取材を進め、ヨークベニマルの強さの根源も探求。充実の内容となっています。

このほか、「特別レポート」では、コンビニ大手3社の秋冬商品政策のほか、カタログへの依存から脱却しM&Aなども通じてEC関連事業を急拡大するスクロール(静岡県)の経営戦略についてレポートしました。
さらに新店レポートは、「原信寺沢店」(新潟県五泉市)、「イトーヨーカドー新田店」(埼玉県草加市)、「サミットストア権太坂店」(神奈川県横浜市:改装)、「西友三軒茶屋店」(東京都世田谷区:改装)の店づくりを徹底解剖しています。

今号も盛りだくさんの内容でお届けしますので、ぜひご購読ください。

DCSオンライン+会員の方は電子書籍で閲覧いただけます。
DCSオンライン+とは?

電子書籍を開く

 

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media