2019/09/01

ダイヤモンド・チェーンストア2019年9月1日号
「2大企業特集 常識破りで急成長続ける エブリイと神戸物産」


ダイヤモンド・チェーンストア2019年9月1日号の特集は、
「2大企業特集 常識破りで急成長続ける エブリイと神戸物産」をお届けします。

売場面積350坪ほどの郊外型店舗で、取り扱いSKU数もどちらかといえば少ないにも関わらず、年商20億円を超える繁盛店を数多く展開するエブリイ。「食の製販一体体制」と「フランチャイズチェーン展開」を戦略の両輪とするビジネスモデルを開発し「業務スーパー」を全国で運営する神戸物産。
いずれも、小売の常識を覆す“型破り”な経営手法で知られるユニークな企業です。業界内外から注目を浴びる2社はどのようにして独走を続けているのか。両社の経営トップにも直撃し、その中身を徹底解剖します。

このほか、セブン&アイ・ホールディングスが開業した戦略的新業態「コンフォートマーケット」は、売場づくりや商品政策を6ページにわたりレポート。さらに鮮魚を核とした生鮮特化型店舗で激戦地・中四国を戦う、きむら(香川県)の木村宏雄のインタビューも読みどころです。

また、特別企画としておよそ2年ぶりに「世界の小売業ランキング」が復活。全世界の小売企業トップ100社の業績ランキングを掲載、解説しています。“世界規模”で小売業界を理解するうえでは必読の内容です。

ご購読・ご精読をおすすめします!

 

バックナンバー

Special topics

© 2019 by Diamond Retail Media