2019/01/15

ダイヤモンド・チェーンストア2019年1月15日号

ダイヤモンド・チェーンストア1月15日号の特集は、
「腕利きバイヤー10人の視点と手法 商品で独自化する!」
をお届けします。

 昨今、さまざまな業態が食品小売に参入しています。ナショナルブランドだけに依存した品揃えでは、激化する競争を勝ち抜くのが困難になっており、「独自商品」の開発・開拓が喫緊の課題となっています。有力チェーンはそれぞれどのように商品を開発しているのでしょうか。

 特集では、ヤオコー、U.S.M.H、イオングループ、ライフコーポレーション、ローソン、原信ナルスオペレーションサービス、阪急オアシス、平和堂、イズミヤの腕利きバイヤー10人に取材し、商品開発や売場づくりの取り組みを伺いました。

 ほかにも、ライフコーポレーション岩崎高治社長、ヤオコー川野澄人社長、サミット竹野浩樹社長がそれぞれ語る、大手食品スーパーの2019年の成長戦略をまとめました。

 ぜひご一読ください。

バックナンバー

Special topics