軽井沢・プリンスショッピングプラザにワーケーション施設オープン、JR東など3社協業

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ワーケーションイメージ
本ワーケーション施設完成イメージパース・現段階の予定であり今後変更になる可能性あり。画像はプレスリリースより。

JR東日本、野村不動産、西武プロパティーズの3社は4月23日、同年7月末に軽井沢駅南側に広がる「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」において、共同で展開するワーケーション施設を開設すると発表した。

ワーケーションとは、ワーク(働く)+バケーション(休暇)を組み合わせた造語。リモートワークの普及に合わせ、野村不動産とJR東日本が持つシェアオフィスサービスの強みを本プロジェクトに活かし、軽井沢でのリゾートライフを満喫しつつ、集中して仕事ができる場所を提供する。また、JR東日本と協業することにより、新幹線など鉄道で移動する出張利用客などにも、ワーケーションの利用提案が可能となる。

軽井沢・プリンスショッピングプラザは、軽井沢駅徒歩3分の場所にあり、西武プロパティーズが運営・管理するショッピングモール。リゾート地におけるワーケーション施設の第1歩として本プロジェクトを3社で共同展開することにより、今後のリゾート地でのワーケーション施設の発展へとつなげていきたいとしている。

軽井沢・プリンスショッピングプラザ概要

所在地:長野県県北佐久郡軽井沢町軽井沢
開業日:1995年7月22日
店舗数:約240店舗
運営・管理:株式会社西武プロパティーズ
施設所有者:株式会社プリンスホテル
店舗面積:約42,000㎡/敷地面積:約260,000㎡
交 通:JR 長野新幹線・しなの鉄道 軽井沢駅 徒歩3分
   上信越自動車道碓氷軽井沢 I.C.から12.5km
WEB サイト:http://www.karuizawa-psp.jp

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media