持続的な水産業の未来を見据えた「いわて水産持続化共同企業体」が発足

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

いわて水産持続化共同体

岩手県を地盤とする3社(四ツ目商事株式会社/株式会社三陸ラボラトリ、盛岡水産株式会社、株式会社ヘラルボニー)が共同し、持続的な水産業の未来を見据えた「いわて水産持続化共同企業体」を3月11日より発足する。

第1弾は「水産業×福祉」。これまで規格外として廃棄されてきた「ホヤ」などの水産物等を共同企業体が買い取り、商品として加工・販売する。また、商品パッケージには福祉施設のアーティストの作品を利用することで、日本全国のアーティストとの間接的な出会いを作りつつ、販売価格の一部をアーティストへ支払うことで賃金向上などにも寄与していきたい考えだ。

水産業は年々、市場競争が激化している。さらに、岩手県大船渡市の漁協ではホヤの養殖業者は震災前から半数に激減しているなど、人手不足の問題も顕著である。当共同体ではこの状況を打破すべく、循環型の仕組みを活かしていくことで、持続可能な水産業の発展を目指していくとしている。

循環型の仕組み
持続可能な水産業を目指し無駄を出さない循環型の仕組みを構築 プレスリリースより

商品は下記の店舗にて取り扱っていくとしている。(3/5時点)

○イオンスーパーセンター
東北22店、全店舗で販売。

○イオン東北
岩手県15店舗で販売。

○マックスバリュ南東北
宮城県と福島県全店舗で販売。

○田清魚店、清次郎
全店舗で展開。

○神文ストア
全店舗で販売。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media