ネットスーパーの買い物体験を劇的に向上させる注目キーワード「ショッパブル・レシピ」を徹底解説!

松岡由希子(フリーランスライター)
Pocket

流通最旬キーワード

ショッパブル・レシピ(Shoppable Recipe)

 ショッパブル・レシピとは、レシピの検索・閲覧から材料のリスト化、ネットスーパーでの注文までをシームレスに実行できるソリューションである。

ショッパブル・レシピに対応した「サイドシェフ」のホーム画面
ショッパブル・レシピに対応した「サイドシェフ」のホーム画面

 英国のモバイルアプリ「ウィスク(Whisk)」はその先駆的存在だ。ディープラーニング(深層学習)をベースとする独自の自然言語処理アルゴリズム「フード・ゲノム」により、料理の材料や味、栄養価などをレシピの文言から自動で分析するのが特徴だ。世界最大級のフードコミュニティサイト「オールレシピ」や米国の料理番組専門チャンネル「フード・ネットワーク」など、「ウィスク」と提携するレシピサイトに掲載されている200万件以上のレシピから選択すると、そのレシピに必要な材料が買物リストとして自動生成される。この買物リストをもとに、提携するネットスーパーで食料品を注文できる仕組みだ。英国のテスコ(Tesco)や、ドイツのエデカ(EDEKA)傘下でネットスーパー専業のブリングマイスター(Bringmeister)のほか、2020年10月には、米国のクローガー(Kroger)も「ウィスク」との提携を発表。「ウィスク」上のレシピを選ぶと、材料とクローガーで購入可能な商品をマッチングさせて買物リストを生成し、クローガーのネットスーパーでシームレスに注文できる仕組みとなっている。

 ウォルマート(Walmart)も、1万件以上のショッパブル・レシピに対応するモバイルアプリ「サイドシェフ(SideChef)」と提携している。レシピの材料とウォルマートで購入可能な商品が連動しており、商品の価格や在庫の有無、代替品をリアルタイムで確認したうえで、ネットスーパーで注文できる。

 コロナ禍での世界的な内食需要の高まりに伴い、日々の献立に役立つ利便性の高いソリューションとして、ショッパブル・レシピの活用はさらに広がりそうだ。

こちらも注目!
バーチャル・クッキングクラス

 コロナ禍で外出や外食が控えられるなか、

続きを読むには…

この記事は、有料会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+有料会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media