低脂質、豊富な食物繊維 市場増え続ける食品「マイコプロテイン」とは何か?

2020/09/19 05:55
文=松岡由希子(フリーランスライター)

流通最旬キーワード

 マイコプロテインとは、真菌類由来のタンパク質である。真菌類を砂糖や栄養素とともに発酵させてできたもので、食物繊維が豊富で低脂質なのが特徴だ。その市場規模は2018年時点の約2億ドル(約210億円)から27年までに年間成長率12%超のペースで拡大すると予測されている。

 英国で1985年に創設された「クォーン(Quorn)」は、ハンバーガー用パティやミンチ、フィレなど、マイコプロテインを用いた代替タンパク質食品を幅広く展開している。英国では、テスコ(Tesco)をはじめとする食品スーパー(SM)がクォーンの商品を取り扱っているほか、ケンタッキーフライドチキン(KFC)では、定番の「チキンフィレサンド」をクォーンのフィレで代用した「ビーガンバーガー」が発売されている。

「クォーン」の代替ミンチ
「クォーン」の代替ミンチ。同社は、マイコプロテインを用いた代替タンパク質食品を幅広く展開している

続きを読むには…

この記事は、有料会員限定です。
有料会員登録すると読むことができます。

有料会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media