19年の企業倒産件数、11年ぶりに前年上回る=東京商工リサーチ

2020/01/15 10:18
ロイター

上から見た都内
1月14日、東京商工リサーチは、2019年の全国企業倒産件数(負債総額1000万円以上)が前年比1.7%増の8383件となり、リーマン・ショック時の2008年以来、11年ぶりに前年を上回ったと発表した。写真は都内で昨年10月撮影(2020年 ロイター/Peter Cziborra)

[東京 14日 ロイター] – 東京商工リサーチは14日、2019年の全国企業倒産件数(負債総額1000万円以上)が前年比1.7%増の8383件となり、リーマン・ショック時の2008年以来、11年ぶりに前年を上回ったと発表した。負債総額は1兆4232億円(同4.1%減)だった。

人手不足関連倒産が調査開始以来最多の426件となった。

12月の倒産件数は704件(同13.1%増)、負債総額は1568億6400万円(同91.7%増)となり、件数ベースでは4カ月連続で前年を上回った。4カ月連続で前年を上回るのは、リーマン・ショック時の2008年6月から2009年4月にかけての11カ月連続以来。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media