実践!流通英会話25 ”~の必要性に疑問を持ってました”を英語で何と言えばいいでしょう?

2019/09/12 05:22
太田 美和子

海外店舗を視察に行っても質問ができない。視察先の担当者とあいさつができずにモジモジしてしまう。そんなアナタに“流通英語”の基本を教えます!第25回は、ウォルマートと差別化しながら、顧客ニーズに即した提案をするその中身が明らかになります。(これまでの全スキットはこちら

 

Photo by PeopleImages
Photo by PeopleImages

今回のシーンと登場人物

やまだスーパーマーケットの山田信彦社長は、ディスカウンターとの競合対策を学ぶために、コーディネーターの大森剛と共にダンデライオン・マーケットを訪問した。2人は旗艦店の視察中、レイノルズ取締役とストーン店長にウォルマート対策のために行った改装の顛末について聞いている最中である。

 

登場人物
山田信彦 : やまだスーパーマーケット社長
トム・レイノルズ : ダンデライオン・マーケット取締役マーケティング部長
大森剛 : コーディネーター
ケン・ストーン: ダンデライオン・マーケット旗艦店店長

難易度(各英語センテンスに表記されています)
初級 : あいさつなど基本的な言い回し
中級 : よく使うので覚えておきたい言い回し
上級 : さらに突っ込んだ会話ができる言い回し

 

今週の英会話

山田:Is that the reason why there is a demonstration space in the store? What do you call it?
店内に実演販売のスペースがあったのはそれが理由ですか。 あれを何と呼んでいましたっけ。

ストーン:The Showcase.
ショーケース」です。

レイノルズ:We sell many products that customers aren’t familiar with. In order to introduce these products to customers, we set up that space.
お客さまがご存知ない商品をたくさん販売しています。 それら商品をお客さまに紹介するために、あのスペースを設置したのです。

山田:To be honest,(中級) I was wondering about (中級)the necessity of the space. Now, I understood it.(初級) 
正直に言うと、あのスペースの必要性について疑問に思っていました。 今、必要性理解しました

大森:You mentioned you did two things in order to meet customers’ needs. The other thing you did was to create casual image in the selling space, wasn’t it?
お客さまのニーズを満たすために二つのことをやったと話されました。 実行されたもう一つは、売場にカジュアルなイメージをつくることでしたね。

ストーン:That’s right. Giving a casual impression is also very important.
そうです。気軽な印象を与えることも、とても重要です。

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media