実践!流通英会話22 ”住宅ローンを抱え、~に通勤している”を英語で言えますか?

2019/08/22 05:31
太田 美和子

海外店舗を視察に行っても質問ができない。視察先の担当者とあいさつができずにモジモジしてしまう。そんなアナタに“流通英語”の基本を教えます!第22回は、ウォルマートが出店してきたことに焦るあまり、判断を誤った事実が明らかになります。このスキットを読めば、商圏の顧客が求めるニーズは何だったのかを、詳細に尋ねられるようになりますよ。(これまでの全スキットはこちら

今回のシーンと登場人物

やまだスーパーマーケットの山田信彦社長は、ディスカウンターとの競合対策を学ぶために、コーディネーターの大森剛と共に、ダンデライオン・マーケットを訪問した。2人は、レイノルズ取締役と共に旗艦店に到着。ストーン店長の案内で、売場を視察する。途中、コーヒーに誘われ、今までの試行錯誤の過程を聴いている最中である。

 

登場人物
山田信彦 : やまだスーパーマーケット社長
トム・レイノルズ : ダンデライオン・マーケット取締役マーケティング部長
大森剛 : コーディネーター
ケン・ストーン: ダンデライオン・マーケット旗艦店店長

難易度(各英語センテンスに表記されています)
初級 : あいさつなど基本的な言い回し
中級 : よく使うので覚えておきたい言い回し
上級 : さらに突っ込んだ会話ができる言い回し

 

今週の英会話

ストーン:Most people in this area are middle class, but they have a house loan and commute to Cincinnati for work. They have limited time and money for grocery shopping. (中級)
この地域のほとんどの人は中流ですが、住宅ローンを抱え、 シンシナティに通勤しています。お客さまが食料品や日用品の買物に かけられる時間もお金も限られています

イノルズ:Since we had been in business for long time, we knew that. However, we ignored the fact. (中級)
この地で長い間、商売をしてきましたから、それは知っていました。 しかし、その現実を無視したのです。

ストーン:In the face of reality that Wal-Mart had finally come to our town, we misjudged.
ウォルマートがついにわれわれの街にやってくるという事実を前に、 判断を誤りました。

山田:Then, what did they want for grocery shopping?
それでは、彼らがふだんの買物に欲することは何だったのですか。

レイノルズ:Convenience, quick and easy shopping, and meeting the basic needs.
利便性、早くて簡単に買物できること、そして基本的なニーズを満たすことです。

ストーン:Also, most people want prepared foods and half-prepared foods since they have limited cooking time. Those products must be fresh, and at the same time, inexpensive.
そして、彼らの調理時間が限られていますので、調理済み食品や半調理品も 欲しています。これらの商品は、新鮮であると同時に、 価格が安くなければなりません。

山田:How did you address the real needs of the consumers?
消費者の真のニーズにどのように取り組んだのですか。

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media