これが広まれば利用率は大幅アップ! 働くママが実践するネットスーパー100%活用術

2019/07/11 05:06
森下和海

解決策は「メニューは考えないで、まとめ買いする」

 毎日の献立を考えるのは、意外と手間である。これをある程度まとまった期間、材料を無駄なく使えるように組み立てようとすると大変だ。

 そこで紹介したいのが、「メニューを考えずに、まとめ買いをする」という方法。これはあるとても仕事ができるワーキングマザーが実践しているネットスーパー活用術だ。メニューを考えないことで、まとめ買いがラクになる。ネットスーパーも利用しやすくなるので、ぜひ、試してほしい。

 彼女が利用しているのは、イトーヨーカドーのネットスーパー。利用歴は10年に及ぶ。品揃えが豊富で、商品の値段は実店舗と変わらず、特売品なども購入できるので、コストパフォーマンスがいいところが気に入っているという。送料は通常は300円(税抜き、以下同)だが、子育て支援で登録から4年間は100円だったのもありがたかったと語る。

 買い方はこうだ。

 「まずは特売品から欲しいなと思うものを買っていきます。次に果物、野菜、お肉、お魚など、定番の品を何も考えず、ポチポチしていきます。石鹸やシャンプー、洗剤などの日用品は、タブをクリックして探していくと大変なので、ブランド名で検索するとすぐに出てきます。とにかく頭を使わず買っていくのがポイントです」

 受け取り時間は、家に確実にいる19302130に設定。10日~2週間分くらいの「まとめ買い」を一度に受け取っている。そして、精肉・鮮魚などについては、2、3日中に使うもの以外は冷凍保存するという。

レシピ検索し、家にある材料で献立を決定
AIスピーカーで調理中もラクラク

 無計画に買った2週間ぶんのまとめ買い。それで、献立は成り立つの? という素朴な疑問が湧いてくるが、この点もまったく問題ない。

 「朝のうちにメーン料理に使う肉や魚だけ、冷蔵庫に移して解凍していきます。そして、夕方帰ってきてから、ネット検索して家にある材料でできる料理をつくります」

「自分が使いたい食材 + レシピ」で検索をかければ、さまざまなメニューが出てくる その際AIスピーカーを使えば、いちいち手を洗わなくても、調理手順など画面を変えることができる
「自分が使いたい食材 + レシピ」で検索をかければ、さまざまなメニューが出てくる その際AIスピーカーを使えば、いちいち手を洗わなくても、調理手順など画面を変えることができる

 

 たとえば、豚肉の薄切り肉を解凍していた日には、「豚バラ肉 レシピ」で検索する。すると、おいしそうな「チーズの肉巻きトマト煮込み」が出てきた。チーズもトマト缶も家にあったので、この日はそれをメインにすることに。これにコンソメスープと、レタス、キュウリなどをカットしたサラダをつけて出せば、栄養バランスが整った立派な夕食の出来上がりだ。

 さらにネット検索は、画面付きのAIスピーカーを使うと、スマホのように手で操作する必要がなくラクだという。

 「以前はスマホで検索していたので、画面をスクロールするために、調理中に手をあらって拭いたりする手間がありました。でも、AIスピーカーなら調理しながら、『次のページ』といえば済みます。とてもラクになりました」

 まとめ買いのネックは、日持ちがせず、冷凍もできない、もやしやレタスなどの野菜だ。だが、こういったものだけ、週末など時間のある時に買い足しておけば、忙しい平日の夕方に買い物に行く必要はなくなりそうだ。働くあなたの頼もしいパートナーとして、ネットスーパーを活用してみてはいかがだろうか?

 スーパーマーケット側としても、ネットスーパー上でまとめ買いを誘発する仕掛けを作りこむとともに、こうしたまとめ買い商品活用術のコラムを掲載したり、許可を得てリンクを付けることで、ネットスーパー利用を促せるようになるかもしれない。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media