タバコも酒もなし!スイス最大のスーパーマーケット「ミグロ」の健康提案に学ぶ

2019/07/08 05:00

 スイスの人びとが日常の買い物で利用する代表的なスーパーマーケットといえば、国内最大の小売企業「ミグロ(Migros)」。スイス全土に600店舗以上、チューリッヒ州では113店舗を展開しており、スイスの人びとがもっとも利用する頻度が高いスーパーマーケットといっても過言ではありません。ミグロの特徴は、タバコや酒を販売していないということ。購入者の健康も考えた営業戦略(哲学)を貫いています。チューリッヒ州・シュリーレン(Schlieren, Zürich)に位置するミグロを紹介します。

ミグロの入り口
ミグロの入り口

ミグロとはどんなスーパー?

 1925年創立のミグロは、ゴットリーヴ・デュトヴェイラー氏(Gottlieb Duttweiler)により、一台の移動販売車での営業から始まりました。第一次世界大戦後は、不況のあおりを受けましたが、良質かつ低価格というミグロの戦略が主婦層の心をつかみ、人気が上昇したのだとか。1941年には、国民が組合員という協同組合のかたちをとり、現在ではスイスを代表する小売企業へと発展しました。では、店内を覗いてみましょう。

オーガニックや地産商品がトレンド

 まず、店に入ると目に入ってくる食品は、綺麗に陳列された野菜や果物です。健康意識の高い顧客層にマッチしたオーガニック野菜やフルーツを豊富に取り揃えています。野菜やフルーツは、ほとんどが量り売りですので、計量器に乗せて金額を確認します。

 価格帯もさまざまです。低価格ブランドの「M-Budget」は、りんごも1kgで2.8フラン(約300円)程度。1個単位から購入できるのは、観光客にも嬉しいところです。

野菜売り場もオーガニック野菜が充実
野菜売り場もオーガニック野菜が充実
野菜や果物は、量り売り
野菜や果物は、量り売り
オススメ商品として陳列されていた、ビオマークのついた商品各種
オススメ商品として陳列されていた、ビオマークのついた商品各種
野菜売り場もオーガニック野菜が充実
野菜売り場もオーガニック野菜が充実
野菜や果物は、量り売り
野菜や果物は、量り売り
オススメ商品として陳列されていた、ビオマークのついた商品各種
オススメ商品として陳列されていた、ビオマークのついた商品各種

 ミグロは顧客の健康を考え、酒やタバコの販売はしていません。ノンアルコール飲料でオススメなのは、「ペールドルセッコ(Perldor Secco)」のブドウジュースです。酒が飲めない方でも、これなら雰囲気も味も楽しめます。また、スイスを代表する清涼飲料といえば「リベラ(Rivella)/1.45フラン」。スーパーマーケットで購入するのが一番安いようです。2019年春には、新フレーバーの「ホルンダーブリューテ=ニワトコの花」味が加わり、さらに美味しさの幅が広がりました。

左:ニワトコの花 右:低糖リベラ飲料
左:ニワトコの花 右:低糖リベラ飲料
ノンアルコール飲料、ペールドルセッコ
ノンアルコール飲料、ペールドルセッコ
飲み物コーナー
飲料コーナー
左:ニワトコの花 右:低糖リベラ飲料
左:ニワトコの花 右:低糖リベラ飲料
ノンアルコール飲料、ペールドルセッコ
ノンアルコール飲料、ペールドルセッコ
飲み物コーナー
飲料コーナー

 こちらのミグロは、シュリーレン駅(Schlieren)から徒歩圏内とロケーションもよく、学校が近くにありますので、学生や現地で働く人々が昼食時と仕事帰りの時間帯に多く訪れるそうです。テイクアウト用の「ミグロ・デイリー(Migro Daily)」は、世界のフードトレンドに合わせ、毎日調理された新鮮なサラダやサンドイッチを提供していて、学生や社会人に人気があるとのこと。

テイクアウトに便利な「ミグロデイリー」
テイクアウトに便利な「ミグロデイリー」

 スイスは、世界的にも有名なチョコレート大国!ミグロにも板チョコがギッシリと店頭に並んでいます。スイス・インターナショナル・エアラインズで配布される赤い包みが特徴のおもてなしチョコレートは、実はミグロの傘下「フレイ社」のチョコレートなのです。スーパーマーケットで気軽に購入できますので、バラマキ用の土産にも安価でオススメです。

 また、「いつもの味に、もうひと手間をかけることで、上質な美味しさを!」をモットーに立ち上げられた「ミグロ・セレクション(Migros Sélection)」は、ミグロブランドの中でも高級ラインです。お土産選びに迷ったら、売り場をのぞいてみましょう。

ズラリと並ぶフレイ社のチョコレート各種
ズラリと並ぶフレイ社のチョコレート各種
高級ラインのミグロ・セレクション
高級ラインのミグロ・セレクション
ズラリと並ぶフレイ社のチョコレート各種
ズラリと並ぶフレイ社のチョコレート各種
高級ラインのミグロ・セレクション
高級ラインのミグロ・セレクション

ハーブの種類も豊富

 スイス料理では、ハーブやスパイス類が欠かせません。市販のドレッシングの種類が日本に比べて少ないスイスでは、自家製ドレッシングを作るのが一般的です。その際、欠かせないものが乾燥ハーブとなります。オリーブオイルにバルサミコ酢を入れ、お好きなバーブを入れれば自家製ドレッシングの完成です。サラダ用のハーブは、36g入りで1.5フラン(約160円)ほどと低価格。ラクレットやチーズフォンデュ用のスパイスなどは、スイスならではの商品ですので、土産にも最適です。

ハーブやスパイス各種
ハーブやスパイス各種

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media