実質賃金2.5%のマイナス、15年6月以来の低水準=3月の毎月勤労統計

2019/05/11 11:00
ロイター

5月10日、厚生労働省が10日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、3月の実質賃金は2.5%のマイナスだった。写真は都内で2016年2月撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 10日 ロイター] – 厚生労働省が10日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、3月の実質賃金は2.5%のマイナスだった。前年同月を下回るのは3カ月連続で、マイナス2.8%だった2015年6月以来の低水準となる。名目賃金に当たる現金給与総額も27万9922円と、前年同月を1.9%下回った。

厚労省は、前年同月の「特別に支払われた給与」が高めの伸びだった反動に加え、労働者のうち、パートタイムの比率が上昇した影響が出たとしている。調査対象の入れ替えでパートタイム労働者の比率が高まり、3月は31.56%と0.77ポイント上昇した。

入れ替え前後の新旧比較で「1月に現金給与総額でマイナス0.9%、『きまって支給する給与』ではマイナス0.6%の断層が生じた」(賃金福祉統計室)ことも影響したとみられる。

勤労統計調査のうち、所定内給与は24万2384円で、前年同月を0.9%下回った。所定外給与は1万9791円で3.1%のマイナスだった。

*統計の詳細は以下のURLでご覧になれます。
 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/index.html#geppo

関連キーワード:

© 2019 by Diamond Retail Media