たった15分で「品数の多い手料理」をつくるママが頼る店

2019/05/08 05:00
森下和海

Eコマースの成長により、購買チャンネルが豊富な現代。家庭を担う主婦(主夫も)は、どこで何を買っているのだろうか? 買い物をのぞいてみると、いまの暮らし、価値観が見えてくる。第2回目は、「多忙だからこそ、リアル店舗をよく利用している」という朝子さん。その理由とは?(文中の価格は全て税抜き)

取材対象者のプロフィール

フォトグラファー 朝子さん(仮名・41才・女性)
お住まい:
東京都葛飾区
家族構成:
夫(会社員43才)・長女(4才)・長男(2才)
リアル店舗環境:徒歩3分のところにセブンイレブン、ローソン、ミニストップ(CVS)、徒歩5分のところにライフ(SM)、車で5分程のところに衣料品も買えるライフ(GMS)などがある。

時短の秘訣はカット野菜、半調理品を使った料理

「味噌汁を溶くのも面倒」とボトル味噌を愛用
「味噌汁を溶くのも面倒」とボトル味噌を愛用

 月曜日。この日は撮影がなくスタジオでのデスクワーク(補正作業など)だけだったので、保育園に子どもたちを送り届けた後、オープン直後のライフ奥戸街道店(総合スーパー<GMS>)に直行しました。保育園の先生には申し訳ないと思うのですが、子どもたちと一緒に行くと、気になる商品めがけて走っていくのを追いかけるのに精いっぱい。とても落ち着いて買い物なんてできないからです。

 一人で落ち着いて、頭の中で3日分の食事をシミュレーションしながら、必要な商品を買い物カゴに放り込んでいきます。「牛肉うすぎり」(750円)、「国産豚厚切りロースみそ漬け」(580円)、「春摘みわかめ(生食用)」(185円)、「アサヒコ 昔あげ きざみ」(100円/油揚げを刻んだもの)……。

 選んでいるのは、薄切り肉やカット肉、カット野菜、下ごしらえが済んでいる「半調理品」など。こうした商品でつくるメニューは、たとえば、炒めた薄切り牛肉に、カットされたレタスやニンジンが入った「ミックスサラダ」を添えて、「キッコーマンステーキしょうゆ あらびきおろし」をかけたものや、鶏モモ肉とスナップエンドウ、ナスを油で炒めて「黒酢たまねぎドレッシング」をかけたものなど。これにコンソメスープやみそ汁を加えます。具沢山にして、一食で摂る品目数を多くするのが、私の唯一のこだわりです。野菜を切ったり、味付けのために調味料を計ったりしないので、15分もあれば完成します。

 会社員の夫は毎晩、帰るのが遅くて、夕方のお迎えから食事の準備、風呂、寝かしつけはすべて私の“ワンオペ”です。子どもたちはまだまだ目が離せないので、短時間で調理できるカット野菜や加工食品を割り切って使っています。手抜きの自覚があるので、子どもたちが食べてくれなくても、腹が立たないところもいいと思っています(笑)。

 総菜を買えばもっと手早いのですが、味付けが濃いのが苦手で買いたいと思いません。本当に疲れた時のために、温めるだけでいい「味の素 洋食亭ハンバーグ」(179円)は常備しています。ソースが多いので、ブロッコリーなどのゆで野菜と組み合わせて食べるとおいしいです。

次のページは
便利じゃない!?ネットスーパーや生協宅配を使わない理由

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media