減損会計

読み方:げんそんかいけい
Pocket

減損会計とは、保有する固定資産の簿価と現在の価値とを比較し、現在の価値が簿価より低ければ損失を計上する。この場合、「現在の価値」とは、「将来にその資産が稼ぎ出す収益からはじき出した価値」、もしくは「直ちに売却したときの想定価格」のいずれか高いほうで比べる。なお、減損会計の対象となる資産は、企業の固定資産である。

流通基礎用語集トップへ

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media