イケア、ベビーベッドや電動工具の下取り開始

2018/06/06 14:14
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

 スウェーデン発の家具専門店「イケア」の日本法人、イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は6月1日、ベビーベッドなどのベビー用家具と家具の組立などに使う電動工具の下取りサービスを始めた。

 同社は2017年1月、室内で使用したイケア製の家具(他社製品やベッド、大型の収納家具などを除く)を対象とした下取りサービスを始め、1年間で約3800の中古家具を下取りした。今回は、一般的に使用期間が短いベビー用家具と電動工具を新たに対象に加えた。

 イケアのウェブサイトで下取り査定を申請し、対象家具の画像を添付(商品によっては購入時のレシート画像が必要になる場合も)すると、電子メールで査定価格が通知される。対象家具を店舗に持ち込むと、「リターンカード」(プリペイドカード)に下取り金額が入金される。

 下取り価格は、ベビー用家具の場合、購入後90日以内で購入価格の最大50%、180日以内で40%、365日以内で30%。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media