2018/11/21

【ユニー】ドンキとのダブルネームに6店舗を追加、来年5月以降


 ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)とドンキホーテHDは11月20日、2019年5月から8月にかけて、ユニーが運営する総合スーパー「ピアゴ」「アピタ」のうち6店舗をドン・キホーテとのダブルネーム業態に転換すると発表した。


 今月8日には19年2月から4月にかけて業態転換する6店舗を発表しており、今回の発表と合わせて19年に業態転換する12店舗が明らかになった。


 19年5月以降に業態転換するのは、「ピアゴ気噴」(愛知県春日井市)、「ピアゴ大和」(愛知県一宮市)、「アピタ鈴鹿」(三重県鈴鹿市)、「アピタ伊勢崎東」(群馬県伊勢崎市)、「ピアゴ勝幡」(愛知県愛西市)、「ピアゴ藤岡」(群馬県藤岡市)の6店舗。転換後の店舗名は未定。


 ドンキホーテHDは19年1月中にユニーの株式60%を追加取得して、完全子会社化する予定だ。

 

© 2019 by Diamond Retail Media