2018/10/16

【帝人】ローソンとリアルタイム在庫管理システムを開発

Recopick (レコピック) 帝人はローソンと、リアルタイム在庫管理システムを開発した。RFID(無線自動認識)技術を使って、店頭での在庫情報をリアルタイムで管理し、作業工数の削減などにつなげることができる。同システムは、10月16日から19日まで千葉市の幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2018」に出展する。

 帝人が開発した棚管理システム「Recopick (レコピック)」を小売業向けに改良した。レコピックは、アンテナを内蔵したシート状のセンサーで物品や書類などに貼付されたRFIDタグを自動的に読み取るシステム。これまで、図書館や工場、医療機関などで採用されている。

 ローソンと開発したシステムでは、商品陳列棚にRFIDセンサーを設置、在庫状況を常時把握する。商品の賞味期限情報とひも付けることで、賞味期限が近づいた商品を値引き処理するといった使い方もできる。また、店頭在庫の有無を顧客のスマートフォンなどに知らせることも可能だ。

 帝人では、小売業での採用拡大に向けて、さらに技術開発を進めていく。

 

関連記事

フラッシュニュース