2月の米就業者数、31万1000人増=失業率は3.6%に上昇

時事通信社
Pocket

アメリカ 求人
米労働省が10日発表した2月の雇用統計(季節調整済み)によると、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数は前月から31万1000人増加した。(i-stock/JannHuizenga)

 【ワシントン時事】米労働省が10日発表した2月の雇用統計(季節調整済み)によると、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数は前月から31万1000人増加した。前月(50万4000人増=改定)から鈍化したものの、市場予想を大きく上回り、米労働市場の堅調さを改めて示す形となった。失業率は3.6%と、0.2ポイント上昇した。

 中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は、過熱する労働市場が賃金上昇を招き、根強いインフレをもたらしていることを懸念。21、22の両日開催する会合で、利上げペースを通常の0.25%から0.5%へ「加速する用意がある」(パウエル議長)との見解を示している。

 業種別の就業者数は、新型コロナウイルス禍からの持ち直しが続く娯楽・接客が前月比10万5000人増。一方、人員削減が報じられている情報産業は2万5000人減だった。平均時給は前年同月比4.6%増。伸びは前月から加速した。

 FRBは人手不足による賃金の大幅上昇が、接客などサービス分野の価格を押し上げていると警戒。賃金の伸びが落ち着き、持続的なインフレ低下が確認できるまで、金融引き締めの手を緩めない方針だ。

◇米雇用統計概要
                 1月        2月
失業率              3.4%      3.6%
非農業部門就業者数       50.4万人    31.1万人
民間部門            38.6万人    26.5万人
物品生産部門           5.1万人     2.0万人
サービス部門          33.5万人    24.5万人
政府部門            11.8万人     4.6万人
労働時間(週平均)       34.6時間    34.5時間
平均時給            33.01ドル   33.09ドル
平均時給伸び           4.4%      4.6%
労働参加率           62.4%     62.5%
U6失業率            6.6%      6.8%
長期失業者(半年以上)    111.1万人   105.7万人
経済的理由でのパート勤務   405.0万人   406.7万人
【注】▲は減少。「U6失業率」は完全失業者、正社員を希望しているパート労働者、働く意欲はあるが職探しをやめた人を加味した広義の失業率。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態