2019/03/14

【UDリテール】「アピタ小牧」など4店舗を「ドンキ×ユニー」に転換、20年2月

ドンキ
PPIHは2018年にユニーの6店舗をダブルネーム業態に転換、19年は22店舗の転換を予定している

 

 パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)傘下のUDリテールは3月13日、同じPPIH傘下のユニーが運営する「アピタ小牧」(愛知県小牧市)など4店舗を2020年2月中旬から下旬にかけて「ドン・キホーテ×ユニー」のダブルネーム業態に転換すると発表した。

 

 業態転換するのは、アピタ小牧のほか「アピタ岐阜」(岐阜市)、「アピタ大口」(愛知県大口町)、「アピタ市原」(千葉県市原市)の3店舗。転換後の店舗名や開業日などの詳細については、あらためて発表するとしている。

 

 PPIHは2018年にユニーの6店舗をダブルネーム業態に転換、19年は22店舗の転換を予定している。同社では23年までをめどに「アピタ」「ピアゴ」の約100店舗を業態転換する計画だ。

 

■業態転換する4店舗の概要

店舗名 開業日 所在地
アピタ小牧 2020年2月中旬 愛知県小牧市堀の内3-15
アピタ岐阜 同2月中旬 岐阜県岐阜市加納神明町6-1
アピタ大口 同2月下旬 愛知県大口町丸2-36
アピタ市原 同2月下旬 千葉県市原市青柳北1-1

 

関連記事

フラッシュニュース