2019/03/14

【ネスレ日本】「スタバ」ブランドの商品発売、グローバルな提携が始動

ネスレ(スイス)は、2018年8月に米スターバックスと提携していた 写真はロイター

 

 ネスレ日本は4月から「スターバックス」ブランドの商品の販売を始める。ネスレ日本の親会社であるネスレ(スイス)は、2018年8月に米スターバックスと提携、スターバックス店舗で販売する商品と液体飲料を除く「スターバックス」ブランドの消費財製品、業務用コーヒー・紅茶の販売権を取得した。

 

 提携後初の新製品として、カプセル式コーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」向けのカプセル製品を発売する。「スターバックス ハウス ブレンド」(12杯分)、「スターバックス ラテ マキアート」(6杯分)など5品で、価格はいずれも908円(税別)。全国の主要スーパーなどで4月1日から販売する。3月13日からは、ネスレの通販サイトで予約受付を始めた。

 

 今秋からは「スタバ」ブランドの家庭用レギュラーコーヒーなども販売する予定。

 

 また、スターバックスコーヒージャパンが2018年2月に始めたオフィスやレジャー施設向けのコーヒー販売事業は、4月からネスレ日本が引き継ぐ。