【TSUTAYA】台湾茶のカフェを5年間で100店、今夏1号店を出店

2019/03/12 11:00

TSUTAYA COMEBUY 店舗イメージ
TSUTAYAでは2019年夏、東京都内で1号店を出店、その後、フランチャイズ展開も計画 写真はTSUTAYAニュースリリースより

 

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)傘下のTSUTAYA(東京都渋谷区)は、台湾茶カフェの日本での展開を始める。台湾茶ブランド「COMEBUY(カムバイ)」「COMEBUYTEA(カムバイティー)」を展開する長沂国際実業(台北市)と提携した。

 

 カムバイは2002年に台北に1号店をオープン、台湾茶のほかタピオカミルクティー、フルーツティーなど豊富なメニューが人気で、アジア、ヨーロッパ、北米を含めて海外11カ国で282店舗を展開している。

 

 TSUTAYAでは2019年夏、東京都内で1号店を出店、その後、フランチャイズ展開も計画する。首都圏や指令指定都市などを中心に「TSUTAYA」との複合店や単独出店を進めていく。5年間で100店舗の出店を目指す。

 

TSUTAYA COMEBUY 商品イメージ
商品イメージ TSUTAYAニュースリリースより

 

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media