鳥貴族、中期経営計画を取り下げ 値上げで客数減少

2019/03/11 11:30

[東京 8日 ロイター] – 鳥貴族は8日、中期経営計画(2018年7月期─2021年7月期)を取り下げると発表した。「3商圏1000店舗、営業利益率8%」を掲げていたが、最終年度の目標達成が困難になったと判断した。

 

新規出店を一時取りやめるほか、17年10月の値上げによる客数の減少などで19年7月期業績が計画数値を大幅に下回ることが予想されるため、としている。

 

同社は営業利益率8%については、引き続き経営目標として取り組むものの、店舗網の見直しやコスト管理体制の再構築などを織り込んだ新たな中期経営計画を19年9月をめどにあらためて公表する予定。 

 

19年7月期の当期損益予想は3億5600万円の赤字に下方修正する。売り上げ、利益とも予想を下回るほか、不採算店舗の減損損失も計上する。

 

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media