テスラ、3万5000ドルのモデル3導入 オンライン販売にシフト

2019/03/01 21:00

2月28日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラは、量産型セダン「モデル3」で最も価格の安い3万5000ドルの新車種を販売すると発表した。米カリフォルニア州ホーソーンで2016年3月、発表されたモデル3(2019年 ロイター/Joe White)

 

[サンフランシスコ 28日 ロイター] – 米電気自動車(EV)メーカー、テスラは28日、量産型セダン「モデル3」で最も価格の安い3万5000ドルの新車種を販売すると発表した。納車期間は2─4週間。同時に世界中の多くの販売店を閉鎖し、販売ルートをオンラインに特化する。

 

同社はブログで「全ての販売をオンラインにシフトし、他に進めているコスト節減策を組み合わせることで、われわれは全車種の価格を平均約6%下げられる。それによって3万5000ドルのモデル3の導入を想定より早く実現できる」と説明した。

 

モデル3の価格帯引き下げは今年に入って3回目。テスラ車に対する連邦税優遇措置は今年1月から段階的に縮小され始めている。

 

3万5000ドルの車種は最高速度が時速130マイル(209キロ)。これよりやや高い3万7000ドルになると、最高速度は140マイルに上がり、航続距離は240マイルとなる。

 

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media