台湾「ららぽーと台中」、南館に海外初出店の「ロピア」など 1月先行オープン

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

台湾にオープンする「三井ショッピングパーク ららぽーと台中」の外観イメージ
全館開業は2023年春を予定する(画像は外観イメージ)

 三井不動産は2023年春、台湾の台中市に大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと台中」をオープンする。ららぽーとブランドの商業施設を台湾にオープンするのは初めて。

 建物は南館と北館に分かれており、南館の約40店を1月17日に先行オープンする。南館には食品スーパーのロピア(川崎市)が海外初となる店舗を出店するほか、コーヒーと加工食品の「カルディCOFFEE FARM」、「ミスタードーナツ」、カジュアル衣料の「ユニクロ」「ジーユー」「ニコアンド」、生活雑貨・食品の「MUJI無印良品」、家具の「ニトリ」など日系専門店を集積させる。

 北館には約260店が出店するが、詳細については今後発表する予定。ららぽーと台中の敷地面積は約4万3000㎡。店舗面積は北館が約4万7000㎡、南館が約2万1000㎡の計約6万8000㎡の規模となる。

 同施設は、台湾鉄道・台中駅から徒歩約6分の市街地エリアに位置し、5km圏内に約100万人、自動車で30分圏内には約220万人が居住するなど人口密度が高い。三井不動産では、同じ台中エリアで18年に開業した「三井アウトレットパーク 台中港」との相乗効果も期待できるとしている。

 同社では台湾で23年中に「ららぽーと台湾南港」(台北市)、26年に「ららぽーと高雄」(高雄市)の開業も計画している。

台湾オープンする「三井ショッピングパーク ららぽーと台中」内に出店する「ロピア」の店舗イメージ
食品スーパーのロピアは、店内イートインスペースで新たな飲食業態「肉処 肉源」「日本橋 魚萬」を展開する

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media