イケア、船橋店の倉庫に自動ピッキングシステム 関東圏の小物配送業務を集約

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

イケアが導入した自動倉庫型ピッキングシステム
イケアが導入した自動倉庫型ピッキングシステム

 イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は、船橋市にある店舗「IKEA Tokyo-Bay(イケア東京ベイ)」の倉庫に自動ピッキングシステムを導入し、関東圏4店舗(イケア新三郷、同東京ベイ、同立川、同港北)の小物配送業務を集約化する。

 イケア東京ベイに併設する倉庫に自動倉庫型ピッキングシステム(オートストア)を導入、11月24日に稼働させた。イケアが各店舗に併設する倉庫は、EC(ネット通販)商品のフルフィルメント(保管・受注処理・出荷)拠点ともなっている。従来はECで受注した商品を各店舗の倉庫でピッキング、発送していた。

 オートストアを導入したイケア東京ベイの倉庫では、車輪の付いたロボットが商品の入った専用コンテナを従業員がいる場所まで運んでくるので、ピッキングのために従業員が庫内を歩き回る必要がない。関東圏4店舗の雑貨や小物類の発送業務をこの倉庫に集約することで、従来に比べて約8倍の作業効率で発送が完了するという。

 同社ではECの展開を強化しており、オンラインストアで購入した商品の受け取りセンターを札幌市、岡山市などの6カ所に開設している。受け取りセンターでは、大型家具も通常配送より安い料金で受け取れる。23年末までに受け取りセンターを10カ所に増やす予定だ。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media