2019/01/10

【セブン&アイ】VR店舗を期間限定で開設、AIキャラクターが売り場を案内


グループ各社のバレンタイン商品約400種類を取り扱う仮想店舗で、2月10日までの期間限定で営業する。

 

 セブン&アイ・ホールディングスは1月10日、グループのインターネット通販(EC)サイト「オムニ7」内に仮想現実(VR)技術を使ってリアル店舗を再現したショップ「バレンタイン・パラダイス VR」を開設した。

 

 グループ各社のバレンタイン商品約400種類を取り扱う仮想店舗で、2月10日までの期間限定で営業する。

 

 人工知能(AI)技術を使ったチャットボット「AI チャットキャラクター」が、対話形式で売り場案内や商品説明などを行う。再生中の動画からダイレクトに買い物ができる「フリックショッピング」に対応した動画も配信する。

 

 AI チャットキャラクターについてはトランスコスモス(東京都渋谷区)とベドア(BEDORE、東京都文京区)、フリックショッピングについてはエスキュービズム(東京都港区)とパロニム(同)が技術を提供した。

 

© 2019 by Diamond Retail Media