〔海外決算〕米マクドナルド、7~9月期は減収減益=ドル高が逆風

時事通信社
Pocket

米マクドナルドのロゴ
米ファストフード大手マクドナルドが27日発表した2022年7~9月期決算は、売上高が前年同期比5.3%減、純利益が7.8%減となった。(時事通信社)

 【ニューヨーク時事】米ファストフード大手マクドナルドが27日発表した2022年7~9月期決算は、売上高が前年同期比5.3%減、純利益が7.8%減となった。ドル高が収益を圧迫した。ただ、米国での値上げなどが奏功し、売上高、純利益、調整後の1株当たり利益は市場予想を上回った。

 世界の既存店売上高は9.5%増。このうち米国が6.1%増、カナダや英国、フランス、ドイツなどの国際主要市場が8.5%増、日本や中国、ブラジルなどそれ以外の国際市場が16.7%増だった。

 ◇マクドナルド(MCD)決算の概要
    22年7~9月    市場予想    前年同期
売上高   5,872   5,685   6,201
純利益   1,982   1,900   2,150
1株利益   2.68    2.58    2.76
(注)売上高と純利益の単位は100万ドル、1株利益は調整後、ドル。市場予想はリフィニティブ調べ

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media