【セブン&アイ】アスクルと提携でEC事業強化、生鮮ECも開始

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

 セブン&アイ・ホールディングスは7月6日、アスクルと業務提携することで基本合意した。

 セブン&アイはEC(電子商取引)と店舗販売を融合させるオムニチャネル戦略の見直しを進めている。アクスルが展開する一般消費者向けのEC事業「LOHACO(ロハコ)」との連携を図ることで、EC事業の強化につなげる。

 具体的には、11月末をめどにセブン&アイグループのECサイト「オムニ7」とロハコでの相互送客を始める。また、ロハコのプラットフォームを活用して、生鮮食品のEC事業を11月末をめどにスタートする。オムニ7の物流やサイトの開発・運営についてロハコとの共同化に向けた検討も開始する。

 

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media