中国GDP、7~9月期3.9%増=党大会終え突如発表―目標達成は困難

時事通信社
Pocket

中国共産党大会での記者会見で手を振る習近平総書記
〔写真説明〕中国共産党大会での記者会見で手を振る習近平総書記(国家主席)=23日、北京(EPA時事)

 【北京時事】中国国家統計局は24日、2022年7~9月期の国内総生産(GDP)について前年同期比3.9%増だったと発表した。GDPの発表は当初18日に予定されていたが、前日夕方になって突如延期されていた。理由は明らかにされなかったが、共産党大会の開催中の公表を避けたとの見方が強く、党大会の終了をもって発表に踏み切ったもようだ。

 7~9月期の成長率は、4~6月期の0.4%増からは加速したものの、1~3月期の4.8%増に比べ鈍化した。新型コロナウイルスの感染拡大を徹底的に抑え込む「ゼロコロナ」政策が重しになったとみられ、政府が目標に掲げる年間成長率「5.5%前後」の達成は極めて困難な情勢だ。

 国家統計局は、GDPに合わせて他の経済指標も発表。9月の小売売上高は前年同月比2.5%増と、伸びは前月(5.4%増)から鈍化。一方、9月の鉱工業生産は6.3%増で、前月(4.2%増)から加速した。幅広い投資動向を示す1~9月の都市部固定資産投資は前年同期比5.9%増となり、1~8月の5.8%増からわずかに上昇した。

 また、中国税関総署は、14日に予定していた9月の貿易統計の発表について、何の説明も無く見送っていたが、GDPと同時に突如公表した。輸出は前年同月比5.7%増となり、伸びは前月(7.1%増)から鈍化。輸入も0.3%増と引き続き低調だった。貿易黒字は847億ドルだった。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media