平和堂、男性用トイレにサニタリーボックス設置 10月中に順次

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

 滋賀県を地盤に総合スーパーや食品スーパーを展開する平和堂は、店舗の男性用トイレ個室に、使用済みの生理用品などを捨てるごみ箱「サニタリーボックス」を設置する。10月中に同社が施設管理する計142店舗に順次導入する予定だ。

 前立腺がんや膀胱がん、高齢などが原因でおむつや尿漏れパッドを使用している人向けに、昨今は男性用トイレでもサニタリーボックスの設置を求める声が増えており、こうしたニーズに対応する。男性用トイレを使用する性的マイノリティの人への配慮にもつながる。

 男性用トイレ内の個室ごとにサニタリーボックスを設置し、個室のドアに案内を掲示する。10月1日から順次設置を始めており、月内に全ての対象店舗への設置を完了する予定。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media