カインズ みなかみ町と森林資源の有効活用に関する協定を締結。「薪」を販売

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

株式会社カインズ 販売本部 本部長 植木俊行氏(左)と、みなかみ町 副町長 宮崎育雄氏
株式会社カインズ 販売本部 本部長 植木俊行氏(左)と、みなかみ町 副町長 宮崎育雄氏(写真はプレスリリースより)

 カインズは9月14日、群馬県みなかみ町と「利根川源流の森林資源有効活用パートナーシップ協定」を締結した。

 みなかみ町が掲げる「SDGs未来都市計画(2022~2024)~水と森林と人を育むみなかみプロジェクト 2030~」のビジョンに、カインズが賛同し実現した。利根川源流の森林と水を守り、生かし、広めるために、みなかみ町の林業の発展に向けたパートナーとして、協業する。森林資源の有効活用に関する協定を締結するのは、カインズとしてもみなかみ町としても初の試みとなる。

 具体的施策として、カインズスーパーセンター月夜野店、カインズ沼田モール店、カインズスーパーセンター前橋吉岡店、カインズ前橋みなみモール店、カインズ伊勢崎店の5店舗で、みなかみ町で伐採された間伐材を利用した薪を販売し、売上を林業従事者に還元する。

 また、自社チャネルを使用した、みなかみ町が推進する「自伐型林業の担い手」増加のための告知活動、みなかみ町木材ステーション運営に関わるノウハウの提供と、子ども向け教室の運営、コミュニティづくりのノウハウ提供、山林環境保全等に係る活動の実施を行う。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media