【セブン&アイ・フード】 「白ヤギ珈琲店」初の路面店、東京・世田谷に

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

 ファミリーレストラン「デニーズ」などを展開するセブン&アイ・フードシステムズは12月3日、東京都世田谷区にカフェ業態「白ヤギ珈琲店 多摩堤通り店」をオープンした。旧デニーズ多摩堤通り店からの業態転換。

 同社はこれまで商業施設内のカフェとして「アリオ市原店」(千葉県市原市)など白ヤギ珈琲店を4店舗出店しているが、郊外型の路面店は今回が初となる。

 「ハンドドリップコーヒー」(税込486円)や「カフェラテ」(同)などのコーヒー類のほか、ランチではサラダとミニグラタン、ドリンクがセットになった「白ヤギプレート」(1380円)、ディナーでは「仔羊の香草パン粉焼き~グレービーソース」(1598円)など食事メニューを充実させた。

 郊外型カフェとしてはコメダ(名古屋市)の「コメダ珈琲店」やドトール・日レスホールディングスの「星乃珈琲店」などが積極的な出店を続けているが、セブン&アイ・フードはそれらよりやや高価格帯のメニューを揃え、差別化を図っている。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media